Profile

【 Ultimate アルティメイト ~私の選択~ 】 
スピリチュアル カウンセリング・ヒーリングサロン


高田郁子(ikuko takada)


スピリチュアル ティーチャー
シャーマン・陰陽師・錬金術師


1976年 生まれ

短大を卒業後、企業に就職。

看護師として精神病院に勤務ののち

現在にいたる

子供のころから自然の中で遊ぶのが大好きで

いつまでも1人で遊んでいられるような子供でした。

(とても繊細で、感受性は強い方でしたが、特別な霊感があるとか

必要以上に何かを感じとる力を自覚していたわけではありません)


子供のころ、自分の家、家族というものは

特別不思議でも、問題があるとも思っていませんでした。


しかし、少しずつ成長し、世界が広がっていく中で

どうやらよその家庭というのは

我が家とは様子がずいぶん違うようで、

異なるようだと知るようになりました。


それと同じくして、他人に容易にできることが

わたしにとってはとても困難であったり、

思いの他、周囲の目や環境に左右されて

生きていることを知るようになりました。


社会にでるころ、特別な夢はなく

望めば何かになれるなんて思いもしないまま

母親と同じような人生をたどりつつも、

家庭に入るのだけは嫌だと

いつも思っていました。


それでも、私は自分らしく生きているし、

私は私のこと結構好きなんだけど。。。


ところが歳を重ねるごとに

違和感や、体調に異変を感じるようになり、

このままの自分でいることは

とても困難であると感じるようになりました。


社会人になり会社で勤めはじめ

体調の変化をつよく感じ、鬱に

少しずつ、現実への対応が困難になっていきました。


時には何年も休職をしながら

時間をかけて回復していきました


当時はいつも答えがなく

崖の淵に立っていたような状態でした


そして、いつも自分の中にあったのはこの社会

(この世界と言っても、いいのかもしれません)への疑問と葛藤、

現実社会への適用を課題とした

なんとも言えない困難、生きづらさでした。



年頃になり

周囲がどんどん世間的に幸せになっていくなかで、

取り残されてしまったように思いながら

自分の現状に落胆した日々が続いていました。


なんとか現状を変えたい。私も、私の幸せを掴みたい

その一心でコミュニケーションやコーチング

心理学など様々なものに興味を持ち

少しづつ、いろいろな方面での気づきから解放され

成長していきました。


しかし、自分がなぜこんなにも困難な状態にあるのか

その原因をあたまで理解することはできても

最後に人は深く癒されないと救われないし

現実は変わらない


根深く、癒されずに こころの奥底に眠っている滞りを

根本から癒す方法はないのか


そう考えている矢先

友人の紹介でLeaves Instituteのヒーリングに出会いました。



なにより目に見えないスピリチュアル(精神)

な世界であり

心理学の理論のように誰にでも理解できる世界ではないと

当初感じていたため、否定的であった私ですが


少しずつ癒されていくなかで、

自分の意志や努力に反して、次々に困難を

創り出しては

限界を感じることになっていった理由や原因を

理解しながら


本来の自分の能力や使命に気づき

自分らしさを取り戻していく中で、

とても静かな幸せを

感じ取ることが出来るようになりました。


それは今まで、周囲の目を気にして

外側に答えを求め、自分の本心を生きていると思いながらも

迷いの中におり、試行錯誤していた私とは異なり、

とても静かで

永遠を感じる確かな世界の広がりを感じました。


頭で考え、外側に答えを求めるのを辞めたとき

とても静かで確かな世界で

本心を生きることが出来ます


スピリチュアルには程遠いところで生きてきた私ですが

縁あって いまここにいます。