新・女神の覚醒ワーク



御崎絢氏の rebirthより転載

http://www.rebirth-aya.com/awaking-of-goddess.html


あなたの中に内在する「女神」を覚醒し、あなたがあなたの人生を喜びをもって生きられるよう、お手伝いさせて頂くワークです。


女神とは、「究極の受容性」。

女神は、自分を含めた全ての存在および全ての事柄や環境などあらゆるものを、無条件に、かつ肯定的な確信を持ってありのままに受け入れ、そうして受け入れることで癒しを起こしていきます。

このワークは、内在している女神を覚醒することによって、まずはあなた自身を受け入れていくことから始まります。

自分をありのまま受け入れること。それはあなたにしか出来ない深い癒し。そして大きな喜びです。

その喜びはやがてあなただけでなく、あなたの周りへも広がっていくことでしょう。


女神の覚醒により得られる癒し効果


・何かを否定することなく、自分を認めることができる

・創造性と受容性に満ちた、健やかな女性性の開花

・美しくなる(美肌、美顔、体型等)

・ハートが開き、オーラも広がり、内側も外側も輝く

・自分でいることを楽しめるようになる

・創造力が高まり、前向きで発展性のあるアイディアが湧きやすくなる

・新しい環境や状況に、わくわくしながら対応できるようになる

・自分や他者に、ポジティブな可能性を無限に見出すことができる

・問題やトラブルにも動じることなく前向きにかつ積極的に取り組めるようになる

・自分の選択に自信と責任を持てるようになる

・インナーチャイルドの癒しが促進される

 ※こうした効果の内容や程度には個人差がありますのであらかじめご了承ください。


男性の方には特におすすめです

男性の方は、特に社会的概念によって女性性(柔軟な思考・豊かな感情・繊細な感受性・包容力等)の表現を抑圧されていていることがよくあります。

例えば「男とはこうあるべきだ」「男はこれぐらい耐えて当たり前」など、従来の社会が作り上げてきた男性に対する歪んだ概念により、そこにそぐわないと感じる自分の側面を封じ込める場合があります。

これは感情を含めた本当の自分を抑圧していることになりますが、こうしたことが当たり前になってしまい、自分自身を抑圧していることにすら気付いていない方も多いのではないかと思います。

しかしそのために、本来その方が持っている能力や創造的素質などの最も素晴らしい部分が発揮できないままになっていることがよくあります。

男女関係なく、解放された女性性により、自分や他者の可能性を肯定し、それを引き出すことにより、

力ではなく人間性による真のリーダーシップが発揮されるようになります。

人間の本質について研究した心理学者アブラハム・マズローは、「創造的な人間(Creative person)」について以下のように定義しているのを私自身が受けている指導の中で聞いた時に、、女神のワークとはまさにそういう人間性を培うものだと強く感じました。


「創造的な人とは、世界を止める必要のない人。
世界を安定させる必要のない人。
親のしたことに従う必要がなく自分を貫ける人。
何が訪れるかわからなくても、何が起こるかわからなくても、存在したことのない状況の中で、工夫して対応する自信があり、確信に満ちて明日に向かえる人」


(仲裕美子・訳、Abraham H. Maslow著「The Farther Reaches of Human Nature」※より)

※出版されている邦訳には 「人間性の最高価値」(誠信書房)があります。



女神の「究極の受容性」の覚醒には、女性性の解放が必要ともなります。男性の場合、正しい母性の経験により、内在する女性性の癒しが起こると、女性性の表現と解放が起こってきます。その癒しのプロセスで、要となるのが インナーチャイルドワークであり、これは女神の覚醒ワークの準備ワークの中でも必要に応じてご提供しております。


以下のような方におすすめです

・自分のことより他者を優先してしまう(自分を犠牲にしてしまう)

・自分の意見を言うのが怖い

・色んなことを我慢してしまう

・自分がわからない。自分でいることがつらい

・とにかく「自分を生きていない」と感じる

・誰にも遠慮することなく、自由に光り輝いていきたい

・ありのままの自分を受け入れ愛したい

・相手と自分の両方を尊重できる生き方がしたい


「犠牲になる」ではなく「自己責任を取る」へ、自分を取り戻す

自分のことより他者を優先し、「自分を犠牲にしている」という感覚を持ち続けてしまうことがあります。あるいはこうした自覚なしに、あらゆる部分で自分を犠牲にしていることも、決して少なくありません。

自分を犠牲にすることは、相手のためにも、自分のためにもなりません。自分の選択の責任を回避し、逃げているだけなのです。受動的に「犠牲になる」「いいなりになる」のをやめ、自分の行動に責任を持って「選択する」、能動的かつ肯定的な生き方を選べるようになることこそが、私たちが「自分として生きる」ことに必要なことだと思います。この女神の覚醒ワークを通して、皆様がそういった「真の自分として生きる」ことができるよう、お手伝いをしています。

選び始めるとき、私たちは全ての状況を変える力を持ち始めるのです。

そこにないものを創り出す力を、私達の誰もが内在しています。

それこそが「創造力」であり、私たちはこの力で望む自分も望む未来も自由に創り出すことができます。

そしてこの一人ひとりの持つ創造力で、この宇宙をより豊かに創造しているのです。

私は本来人とはもっと豊かに在れると思っています。

豊かに在るとは物や能力を多く持っていることではなく、ただ自分として自由に在れること、そしてそう在ることでより多くの喜びを感じ受け取れることだと思っています。

私たちが何に喜びを感じるかは、私たち自身しか知りえません。

それは私たちが求める在り方への鍵を、自分だけが持っているということです。

このワークで皆様が、内在するその鍵に気付き、自分の中に無限に存在する創造の扉を、ワクワクしながら開けていけるようになっていただきたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000